about

フェティッシュブランド"sweet circe"のwebショップです。


『unveiled fetish, untouched poetry.
 フェティッシュを解き明かし、隠された美を知る。』


 フェティシズムという価値観はその定義からして、エロティズム(性欲)に深く結びついているものです。しかし、両者は密接不可分であるとしても、個別の価値観として存在しているのではないでしょうか。
 僕は、エロティズムを「消費される欲望」だと考えます。例えば、それはコップに溜まりゆく水であり、溢れてしまう前に適切に吐き出すことでバランスを保つものです。
 対して、フェティシズムは「蒐集される欲望」だと考えます。例えば、それは真っ暗な洞窟を探検するようなものであり、松明を片手にあらゆる隙間を覗き込み、全容の知れない洞窟の地図を一歩づつ書き記していく作業です。

 エロティズムの価値は広く認められ、追求されてきました。しかしフェティシズムはどうでしょうか。エロティズムのおまけ、味付け、引き立て役として添えられることが多かったのではないでしょうか。
 美的価値を手がかりにフェティシズムを見つめ直すため、そして洞窟の地図の1ページとするため、SWEET CIRCEを立ち上げました。SWEET CIRCEの作品が、皆様の作る地図の一助になれば幸いです。


主宰 灰色の群


sweet circe
http://sweetcirce.com/